女性活躍推進法に基づく行動計画について

富士通ゼネラルでは、「次世代育成支援対策推進法」に基づく行動計画を策定し、仕事と育児の両立を支援することで、育児事情を抱える社員がその能力を十分に発揮できるよう、順次取り組みを進めてまいりました。

2016年4月1日より新たに「女性活躍推進法」が施行されたことに伴い、下記のとおり行動計画を策定しました。当社は今までも多くの女性社員に活躍して頂いておりますが、今後もより一層女性社員が活躍できるよう、行動計画に沿って順次施策を実施し、取り組んでまいります。

第1期行動計画(計画期間:2016年4月1日~2021年3月31日)の内容

数値目標

  1. 2021年度までに定時採用における女性比率を20%以上とする。
  2. 2021年度までに10人以上の新任女性管理職登用を行う。

取組1 :
「ダイバーシティ&インクルージョン(注1)」に関する組織風土の改善・浸透を図る。

2016年4月~

管理職に対するD&Iマネジメント研修の検討・実施

D&Iに関する情報発信の検討・実施

2017年4月~
一般社員に対するD&I研修の検討・実施
2017年10月~
D&Iに関する意識調査の実施・分析

取組2 :
女性管理職候補やリーダー候補育成を目的とした研修・施策を実施。

2016年4月~
女性向けD&I研修結果の分析および研修・施策の検討
2017年4月~
研修・施策の実施

取組3 :
女子学生の採用活動を促進し、技術部門を中心に女性社員が少ない部署に配置する。

2016年4月~

学生向け広報活動の見直し・実施

女子学生限定の就職イベントの検討・開催

※ 上記施策を計画期間中に継続実施していく。


注1 ダイバーシティ&インクルージョン :
多様性(違い)を受け容れ、従業員の様々な強みを活かすこと。