「ノクリア」 Zシリーズ 特長と機能 クリーン

業界初!(注1) 熱交換器(アルミフィン)加熱除菌 (注2)

独自の冷凍サイクル制御によって、熱交換器を加熱して除菌(注2)する運転を実現!

注1:
家庭用エアコンにおいて。熱交換器を55℃以上に加熱し、湿熱効果で除菌を行う方式。2017年11月18日発売(当社調べ)
加熱除菌運転中は熱交換器を加熱するため室温が上昇することがあります。お部屋に人がいない時の使用をおすすめします。
業界初特許出願中。乾燥させてカビ予防+熱が付着したカビ菌や細菌に効く。
冷房運転・除湿運転をすると、水滴が付きます。加熱除菌でエアコン内部を乾燥。55℃以上になるので付着したカビにも効果あり。

カビ菌

加熱除菌運転なし・ありの比較 : カビ菌

加熱除菌運転なし(左)と、加熱除菌運転あり(右)

細菌

加熱除菌運転なし・ありの比較 : 細菌

フィルター自動おそうじ

汚れをブラシでかき取り、ダストボックスに回収。着脱しやすい設計で簡単にお手入れできます。

プラズマ空清

電気集じん方式でお部屋の空気を清潔に

PM2.5への対応

0.3 ~ 2.5μmの粒子を92%キャッチ。※

換気等による屋外からの新たな粒子の侵入は考慮しておりません。

※ 92%キャッチ:
【試験方法】32㎥ (約8畳)の密閉空間で確認。風量設定:強風AS-Z40H2において(当社調べ)。
PM2.5とは2.5㎛以下の微小粒子状物質の総称です。
このエアコンでは0.3μm未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質の全てを除去できるものではありません。
32㎥(8畳)の密閉空間での効果であり、実使用空間での結果ではありません。
プラズマクリーン イメージ

プラズマ空清のしくみ

微粒子をプラズマイオンでプラスに帯電させ、マイナスの電極板で強力に吸着。フィルター方式のように目を細かくする必要がないため、目詰まりによる性能の低下が抑えられ、高い集じん力が持続します。(※)

※集じん力が持続 :
1年に1回の洗浄が必要です。使用環境によっては洗浄頻度が異なります。

ハイドロフィリック熱交換器

エアコン内部の熱交換器に抗菌・防カビ(※)コーティングを施し、エアコン本体の除菌力を高めました。 冷房時と除湿時に発生した水で、熱交換器を自動洗浄します。(ホコリや油汚れの多い環境でのご使用時には、熱交換器の洗浄が必要となる場合があります。)

※ 抗菌・防カビ :
[試験機関](一社)京都微生物研究所
[試験方法]抗菌試験はJIS Z 2801 による。防カビ試験はJIS Z 2911 による。
[試験結果]抗菌:抗菌活性値99% 以上。防カビ:防カビ効果あり。
[試験番号]8054, 8055, 8194, 8195
ホコリや油汚れの多い環境でのご使用時には、熱交換器の洗浄が必要となる場合があります。

内部クリーン(熱交換器・送風ファン・送風路)

冷房・除湿運転停止後、送風および、弱温風による内部クリーン運転(乾燥運転)でエアコン内部についた水分を取り除きます。エアコン内部のカビを抑制して、ニオイなどの発生を抑えます。

運転時間 :
約90分
電気代 :
約1.6円/回(内部クリーン運転時。料金単価は27 円/kWh(税込)で算出。)
オフシーズン中に付着してしまったホコリやカビを取り除く機能ではありません。
内部クリーン運転中は室内温度・湿度が上昇することがあります。
自動「入」「切」設定が可能です。
お買いあげ時は「切」に設定。

注1 業界初 :
家庭用エアコンにおいて。熱交換器を55℃以上に加熱し、湿熱効果で除菌を行う方式。2017年11月18日発売(当社調べ)
注2 熱交換器加熱除菌 :
AS-Z22Hにおいて。
[試験方法]外気27℃、湿度78%において。加熱除菌運転前と後との比較で、10分間で細菌 99%以上、カビ菌 99%以上の減少を確認。(細菌一種、カビ菌一種で評価)。
[試験機関名](一財)北里環境科学センター
[報告書No.]北生発2017_0370号。
熱交換器の一部の菌液を回収し評価。動作環境によって効果が低下する場合があります。
加熱除菌運転中は室温が上昇することがあります。お部屋に人がいない時のご使用をおすすめします。本機能はニオイや汚れを除去する機能ではありません。
「nocria」は株式会社富士通ゼネラルの世界的な商標です。「ハイドロフィリック熱交換器」は株式会社富士通ゼネラルの商標です。
記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の商標もしくは登録商標です。
掲載画像はすべてイメージです。

おすすめコンテンツ

  • 富士通ゼネラル エアコン nocria® 山﨑賢人スペシャルページ。
  • スマートスピーカー対応エアコン
  • 公式Facebook「こちら富士通ゼネラル宣伝部(分室)」
  • 富士通ゼネラルエアコンCM
  • どこでもエアコン