環境活動 : 環境マネジメント環境リスク低減への取組み

騒音・振動防止への取組み

騒音・振動防止を図るため、生産およびリサイクルのグループ会社では関連法律・条令などの基準を厳守し、定期的に騒音・振動レベルの測定を行っています。

大気汚染防止への取組み

大気汚染の防止を図るため、ばい煙発生施設を保有する事業所や工場では定期的にNOX、SOX等のばい煙量の測定を行っています。

また、フロン排出抑制法に対しては、社内規定を定めるとともに、業務用エアコン、冷蔵・冷凍機器の適正管理とフロン漏えい量の把握に努めています。

土壌汚染防止への取組み

川崎本社では、2019年6月竣工予定の技術研究棟(仮称)建設にあたり、土壌汚染対策法、川崎市公害防止等生活環境の保全に関する条例に基づく土壌調査を実施しました。

1区画10m×10m とし136区画の土壌を採取・分析した結果、50区画で基準不適合、地下水は14カ所で第一種特定有害物質が地下水環境基準を超過いたしました。
第一種、第二種、第三種特定有害物質の土壌調査結果及び地下水調査結果を川崎市に報告致しました。

また、第一種特定有害物質が排水基準を超える1区画については、バイオ工法による浄化を行い、観測井戸にて濃度の経時変化を監視しています。

土壌汚染調査の様子

土壌ガス採取の様子

バイオ剤注入の様子

水質汚染防止への取組み

周辺水域に対する水質保全のため、関連法律・条令などの排水基準を厳守し、定期的にpH、COD、SS(注1)等の測定を行い、適正管理を行っています。

青森事業所では、1999年(当時は株式会社青森富士通ゼネラル)に実施した土壌・地下水検査において、地下水から法定基準を超える有機溶剤を検出したことから、地下水の浄化設備を設置し、浄化と経過測定を毎年行っています。
2017年度は、冬季間の凍結対策のため、浄化設備内の配管に凍結防止センサー付きヒーターの追加とポンプ停止時に配管に残水が溜まらないよう配管のバイパス化を行いました。

SS - 環境用語集ページ

BOD, COD - 環境用語集ページ

化学物質汚染防止への取組み

化学物質による汚染を防止するため、漏えい時の拡散を防止する手順を定期的に確認しています。

また、過去に工場建屋で使用していたポリ塩化ビフェニル使用機器や、回収した製品に使用していたポリ塩化ビフェニル含有部品は、破壊処理が実施されるまでの間、本社の専用保管庫で適切に保管しています。

化学物質汚染防止に対する取り組みの様子

青森事業所の潤滑油等漏えい事故対応訓練の様子

本社のポリ塩化ビフェニル保管倉庫内


注1 SS :
浮遊物質(水中に浮遊する粒径2mm以下の不溶解性固体の微粒子)

関連リンク

  • 経済産業省:家電4品目の「正しい処分」早わかり
  • 一般財団法人 家電製品協会「これで解決!家電リサイクル」
  • 一般財団法人 家電製品協会「学ぼう スマートライフ」