環境活動 : 自らの環境負荷低減のための活動 資源循環

水使用量の削減

富士通ゼネラルグループでは、事業活動で使用する水使用量の削減を図るため、トイレの手洗い場に人感センサーの設置や汲上げポンプからの漏えい水の再利用、雨水の利用などの取り組みを行っています。

FGA(THAILAND)CO.,LTD.では、5,000Lの雨水タンクを新設し、トイレで使用する水の半分を雨水に切り替えました。これにより、年間240kLの節水を図りました。

廃棄物の削減

富士通ゼネラルグループでは、各国・地域の廃棄物処理ルールに沿った分別・回収・処分の徹底に取り組んでいます。

FGA(THAILAND)CO.,LTD.では、切削加工で発生する冷却水の廃液から油分を分離回収し、廃液の削減に継続的に取り組んでいます。
また、株式会社富士エコサイクルでは、従来廃棄物となっていた、廃家電を破砕する際に生じる細かな埃(集塵ダスト)をウレタンと混合して固形化し燃料として再生利用するために、集塵ダスト投入装置を自社で独自に製作しました。これにより、同社における廃棄物を年間約48トン削減しました。

廃棄物削減への取り組みの様子

左:(株)富士エコサイクルで導入した集塵ダスト投入装置、 右:集塵ダスト