環境活動 : お客様や社会のための活動資源循環

省資源化設計の推進

富士通ゼネラルグループは、当社が提供する製品に使用する資源を効率よく利用していくことが重要であるとの考えのもと、製品設計段階において小型・軽量化、部品点数の削減等の省資源化設計を推進しています。

事例紹介

欧州向け店舗・オフィス用マルチエアコン「AIRSTAGE®」J-ⅢL シリーズ(AJY144LELAH)
【2017年度スーパーグリーン製品認定製品】

業界最小(注1)のコンパクト室外機を実現

室外機の排熱口を縦吹き型から横吹き2 ファン型に変更するとともに、独自の高密度熱交換器の搭載など構成部品の最適化を図り、室外機の奥行を480mm に抑え、16HP クラスで業界最小となるコンパクト室外機を実現しました。

従来機種と比べても、設置面積で約45%削減し、搬入時もエレベーターに載せ易くするなど、施工性の向上を図り、建物との間やバルコニーなどの狭小スペース、目隠しフェンスで覆われた場所など、直接目に触れない場所への設置が容易になりました。

省冷媒化

室外機の熱交換器の構造と容量を見直すことにより、約14%の省冷媒化を実現しました。(室内機40 台で構成されるシステムの場合、従来28.9kg 使用していた冷媒量を24.8kg に削減)

分解・選別能力の向上

株式会社富士エコサイクルでは、回収した製品を素材別に細かく分別する技術を開発し、再商品化率の向上に努めています。

2017年度には、冷蔵庫のコンプレッサに含まれる集中巻ステータの切断機を自社で独自に製作しました。これにより、従来分解できなかった集中巻きステータの分解が可能となり、素材毎に選別できるようになりました。

今後も3R技術の向上を図りながら分解・選別の精度を高め、資源の効率的な利用に貢献していきます。

独自開発切断機による素材選別精度向上

左 : 切断機、右 : 集中巻きステータ


注1 業界最小:
2018年3月30日現在。当社調べ。16HP クラスにおいて。高さ1,638mm × 幅1,080mm × 奥行480mm。
「AIRSTAGE」は株式会社富士通ゼネラルの登録商標です。